インターネットは宝の山

面白い文章、テキストは何も書籍の中だけにあるわけじゃない。
インターネット上には無数の面白いテキストが存在している。最近そんな文章を探しにネットサーフィンに勤しんできる。
掲示板は特に宝の山。あなたもトレジャーハンティングしに行ってはいかがでしょうか?

14

思わぬアドバイスをくれたメモ用紙

10月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:小説宝箱

文庫でも新書でも、新品を購入できるのが作家さんにとっても書店にとっても一番。それはわかっているんですが、私のお財布事情的にどうしても古本屋さんを利用せざるを得ません。住居スペース的な問題もあって、どんどん本を溜めていくことが出来ないので、定期的に蔵書を見直して売ったりしているというのが現実です。
でも、ふと売ってしまった本がまた読みたくなるという事もあるんですよね。そういう時に古本屋さんに行くと、古い文庫なら100円とかで手に入るのでとても助かるんですよね。先日も、ふと「超長編」と呼ばれる作品が読みたくなって本棚を探したらどこを見てもない…。そうだ、そういえば売ったんだった。と思い出して、重い腰を上げて古本屋さんへ。4店舗目でやっと見つけて、お値段も手ごろだったので買って帰ってきてさっそく読み始めました。夢中で読むこと5時間、さすがに背中が痛くなったから、あと1ページ読んだら休憩しようと思いながらページをめくってみたら、そこに紙が挟まっていました。普通こういうのって、チェックして取り除くんだと思うんですけど、案外個人店だとチェックが甘かったりして残っていることもあるんだよな~と思って取り出し、ふと見てみるとそこには「ここがちょうど半分。お疲れ様。一息入れてはどうですか?」なんて書いてあるんです。え?っと思ってページ数を確認すると、本当にちょうど半分!笑ってしまいました。アドバイスに従って、もう一ページと思わずそこで休憩することにしました。

more...
30

大好きな画家のポストカード冊子

9月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:妄想ガラクタ箱

学生の頃から美術の授業が一番好きな授業だったのですが、中でも中学の美術の教科書で知ったミュシャの絵にはかなり心惹かれました。現在活躍している画家さんやイラストレーター、デザイナーに至るまでいろいろな人に影響を及ぼしている、まさに天才と呼べる人なんじゃないかと思っています。私は残念ながら描くほうは壊滅的なので見る専門。なので、美術館などにはよく行っていました。でも、最近あまり美術館にも美術展にも行けず、悶々とした日々を送っているのです。仕事もそこそこ忙しいし、友達との用事があったりしてゆっくり時間を作れる日が無いんですよね。特に、こういうのは一人でゆっくり楽しみたい派なので。
そんな中先日本屋さんへ行って何冊か小説を持ってレジへ行ったら、レジのわきにミュシャの作品集というか、ポストカードセットのようになっている冊子を見つけました。値段も手ごろで、私が大好きな四季という作品が載っていたので買いました!実はこの四季という作品、3パターンあるんです。一つは、1896年に発表されたもの。もう一つは、翌年の1897年に発表されたもの。そして最後は、1900年に発表されたもの。一番人気があるのが最初に発表された1986年のもので、そのパターンのポストカードは良く見かけるんですが、私は一番新しいものが好きなんですよね。手元になかったので、嬉しくなってしまいました。家でゆっくりうっとり眺めていたら、美術館へ行かなくても良いじゃん!と思えてしまいました。ミュシャの画集とかもたくさん出ているので、好きな作品が多く載っているものを選んで買ってみようかなあ。

more...
13

いい事の連鎖

9月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:小説宝箱

今朝はなんだか早くに目が覚めました。太陽はうっすら昇っていましたが、まだ街は起ききっていない感じでした。ふと近くにある電線に目を向けると、3羽の小鳥が肩を寄せ合っているのが目に付きました。きっと3羽で夜を過ごしたのでしょう。朝の会話をしているようでした。今日は何する、とでも言っているのでしょうか。なんだかとても心が温かくなる絵で、しばしその光景を見ていました。しばらくすると3羽は背伸びをして飛び立っていきました。その光景を目にして、自分もなんだか今日は一日楽しく過ごせそうな気がしていました。本屋へ行くと探していた本が見つかり、古本屋で掘り出し物が見つかり、スーパーで格安のお肉が手に入り、セールしているおやつも見つけました。なんだかあの3羽の小鳥を見たせいか、今日は一日良い事尽くしだった気がします。たまたま偶然が重なっただけといわれれば、それもそうかもしれないけど、なんだか朝一のいい事で全てが連鎖して、いいことだらけの一日だったように思うんです。もしかしたら早起きは三文のとくかもしれませんが。前の晩に早く寝れる時は、また早起きしてみようと思います。目覚めきっていない街を眺めたり、朝の小鳥を見るのは結構楽しいもんです。

more...
25

純文学が好きなら芥川賞をチェック

8月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:小説宝箱

毎年発表される有名な文学賞として、芥川賞と直木賞があります。発表される日は、ニュース番組でも必ず取り上げられるため、世間的にも見聞きする方が多いと思います。
芥川賞ですが、芥川龍之介を記念して制定されたもので、新聞や雑誌に発表された純文学短編作品を対象とした中から選ばれる賞ですね。芥川賞に選ばれる方を毎年見ていると、一般的には無名だった作家さんが多いように思います。もちろん業界内では知られた存在なのですが、一般的には知る人ぞ知る作家さんです。
芥川賞というと私の中で思い浮かぶのが、「蹴りたい背中」で受賞された、綿矢りささんです。19歳という若さでスゴイなあと感心した記憶が鮮明にあります。綿矢さんのデビュー作、「インストール」を読みました。これは綿矢さんが、17歳の時に刊行されていますから、書いたのはもう少し若い時なのだと考えると、10代の少女がこんな世界観を表現できる事に、やはりスゴイ才能を感じました。「インストール」は映画化もされていますね。
近年では、黒田夏子さんの「abさんご」は、史上最年長の75歳で芥川賞を受賞されたことで話題にもなりました。こちらは多くの作家さん含め、夢を持つすべての方の希望の光にもなった、嬉しいニュースでした。

more...
11

単行本と文庫本それぞれのメリット

8月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:私の宝物

皆さんは小説を買う時、単行本と文庫本、どちらを選ばれているのでしょうか?新しい小説が出る時は、まず大体が単行本として刊行されますよね。そしてある程度の時間が経つと文庫本化されるワケです。必ずしも全てが文庫本になる訳ではなく、割と売れ行きが良いものだったりするようですね。また文庫本が出る時期については、出版社によって変わって来たりします。
単行本と文庫本、それぞれのメリットがありますね。単行本であれば、新しく出たばかりの小説がすぐに読めるというのが醍醐味と言えるのではないでしょうか。本の装丁も楽しめますしね。文庫本であれば、何と言ってもリーズナブルな値段で購入できて、大きさも手のひらサイズで読みやすく手軽さがポイントでしょう。
内容のコトで言えば、文庫本になると解説やあとがきが書かれていて楽しめます。あと文庫本化に際して、内容の一部加筆修正があることが多いようですね。ですから単行本は、、加筆修正前のストーリーを知るコトが出来る貴重なモノでもあるんですよね。その本や作家さんのファンだったりすると、内容の相違点は確認しておきたくて、両方を購入される方もいらっしゃるようです。余裕がある時は、そんな贅沢な楽しみ方も面白いと思います。

more...
21

イルカの写真集

7月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:小説宝箱

友人は、昔の恋人にもらったイルカの写真集を、まだ大切に持っています。私もその写真集をもらったときの友人の事は覚えているのですが、とても喜んでいました。
まだお付き合いを初めて日が浅かったので、友人は自分がイルカを好きである事を具体的に話した事がなかったのだそうです。それでも、彼女の些細な一挙一動をきちんと捉えていた彼が、見事好みを当ててくれた事が、彼女にとってはとても嬉しかったのだと思います。
また、これは私の勝手な意見なのですが、彼はとても穏やかで優しそうな人に見えましたので、その彼がイルカの本を選んだのが、なんだかイメージととても合っています。きっと友人も、そう思って嬉しさが倍増したに違いありません。
そのイルカの本は、写真集なのですが、ちょっとした言葉が一緒に書かれています。イルカを好きな人たちの言葉です。
その言葉と写真で、見ているととても癒される本です。
残念ながら、友人はその彼とは縁がなかったのですが、その本は今でもとても大切にしていて、たまに読んでいるようです。昔の彼に未練がある訳ではなく、単純に素晴らしい本だからです。
彼女はイルカがとても好きですので、実際にイルカを水族館へ見に行ったりもよくします。イルカは賢いと聞きますので、「いつか私の顔覚えてくれないかなぁー」などと笑いながら話しています。

more...
11

二倍幸せになれた絵本

7月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:私の宝物

随分と子供の頃のお話なのですが、小学生低学年の頃に、よく一緒に遊んでいた友達がいました。家も近かった事と、母同士の仲が良かった事で、一緒に過ごす事が多かったのです。
彼女と私との間では、間違い探しの絵本が流行っていました。よく二人で本を広げて、どちらが間違いを多く見つけられるかを競って、よく遊んでいました。
ある日、私達は随分と大きな喧嘩をしました。口喧嘩だけではなく、パチン、とお互いを叩いてしまうような喧嘩でした。お互いの髪の毛や洋服を引っ張ったりしている間に、絵本の取り合いになり、その絵本を破いてしまいました。
母に止められ仲直りをしたので、その後ももちろん一緒に育ちましたが、私の心の中ではずっと、あの絵本が破けてなくなってしまった事が心に重く残っていました。
絵本が壊れてしまった事自体が悲しいのではなく、彼女にとっても私にとっても大切な、「共通の宝物」を壊してしまったような気がしていました。
中学生になり、お小遣いも増え、毎月積み立てればある程度好きなものも買えるようになった頃、私はあの時の本と同じものをクリスマスプレゼントに買いました。無くなってしまった本が戻ってくる訳ではありませんが、彼女にずっと謝りたかったからです。
私が本を彼女に渡すと、彼女は泣いて喜んでくれました。それと同時に、驚いた事に彼女からも同じ絵本をプレゼントされました。彼女もずっと同じ想いで、謝りたかったと言ってくれました。
今では、昔よりも想いのこもった本が2冊あります。この本を思い出す度に少し悲しかったのですが、今では見る度に幸せな気持ちになります。

more...
24

猫が主人公の物語

6月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:小説宝箱

私は猫が好きなんです。
友達にももうみんなに知れ渡ってるくらい、私=猫好きなんです。同じくらい読書も好きなんですけど、猫を抱いてごろごろしながら本を読むのがたまらなく幸せなんですよね。その話を先日友達にしたら、「じゃあ、猫が主人公の小説もいっぱい読んでるの?」と聞かれました。
それで気がついたんですけど、私は猫が主人公の作品って全然読んだことが無いんです。いろいろ有名な作品はありますよね。我輩は猫であるなんてもう言わずもがなですし、イッパイアッテナも有名ですよね。名前は知っているし、その作品が猫が主人公だということも知っているんですけど、読んだことが無いんです。
これは大失態と思って、早速図書館へ行って見たんですが、たくさんありすぎてどれから読んでいいのか。せっかくなので友達のオススメのものから読みたいと思って、今読書好きな友達数人にアンケートをとっているところです。いろんな本を読んでいる友達が居ると、こういうときとても助かります(笑)今のところは、やっぱり王道で有名なところからがいいんじゃないかと言われて夏目漱石を薦められています。そういえば、夏目漱石も初挑戦かも…こうやって新しいものに触れるのもたまにはいいですよね(作品自体は新しいものじゃないですけど)

more...
07

母からの贈り物

6月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:私の宝物

先日実家の母と電話をしていたら、急に母が「食器とかおなべとか、いる?」と聞いてきました。あまりに突然すぎて何の話かわからず返答に困っていたら、どうやら母は私のために昔から食器や調理器具を少しずつそろえて居たんだそうです。そろいのお皿や茶碗はもちろん、中華なべ、フライパン、大きな寸胴まで買い揃えているようです。
とはいえ私が実家を出て暮らし始めたのはもう何年も前。なぜその時ではなく今?と不思議に思えたらおかしくなって笑ってしまいました。すると母は、「あんたが家を出るときに持たせようと思ってたんだけど、いざその時になったらお皿はデザインが古臭いし、茶碗は数が多すぎるから荷物になる、なべもかさばるような大きいものだし、何より買ったときの主流だったから今はもっといいものがたくさんあって、今の流行のものを買ったほうがいいのかと思って渡せなかった」と言うのです。私は母がそこまでいろいろ私のためにそろえてくれていたのを知らなくて、あのお皿が欲しいあのおなべが欲しいといまどきのものの話ばかりしていた事を思い出しました。申し訳ない気持ちとともに、母の愛を感じました。
母もお嫁に出るときに祖母から料理の本と一緒にたくさん食器を持たせてもらったみたいなので、我が家の伝統になるのかな?(笑)今度実家に行ったら、いっしょにレシピの本を探しに行く約束をしました。今から楽しみで楽しみでなりません。

more...
21

ちょっと感動すら覚えてしまいました

5月
コメントは受け付けていません。 |  Posted by |  Category:私の宝物

最近、コンビニのパンがおいしくなってますよね。惣菜パンや菓子パンはもちろんですけど、食パンもかなりこだわって各社競っているみたいです。テレビでも取り上げられていたのを見ていたし、雑誌の企画でどれが一番おいしいか食べ比べなんていうのも見ました。でも、私は食パンに何百円も出すならちゃんとしたベーカリーのものがいいかなと思ってしまっていたので、買ったことが無かったんです。
昨日友達が泊まりに来たんですけど、なんとなく思いついてと、コンビニの食パンを買ってきてくれました。なんか話題になってたみたいで、ちょっと前に会社の人がおいしいって騒いでたから気になって…。と。ゲンキンな話ですけど、自分が買うのは躊躇するけど目の前に出されたらもちろん喜びますよ(笑)何と言っても、パンは大好きです!その中でも食パンは生で食べてもよし、焼いてもよしの有能な子だと思ってるので。
早速食べてみようということになり、トーストしてバターを塗って食べてみたら…。もちもちで、甘くておいしい!あまりにおいしくて、二枚目はジャムを塗って食べたらこれまたおいしい!使ったのは手作りのりんごジャムだったんですが、甘さ控えめにしてたのがちょうど良くて自分で自分に拍手(笑)あまりにおいしくてもっと食べたくて、三枚目…。今度はクリームチーズにしました。これがまた合うんです!いつもクリームチーズを塗るときはハムとかベーコンを一緒に塗るんですけど、そんなの必要ないくらいおいしかったです!しばらくマイブームになりそうな予感です。

more...